結婚式での祝辞体験について

私はこれまで高校時代の友人や会社同僚の結婚式で何度か代表して祝辞を述べたことがあります。
その時のことについてお話します。
初めての挨拶は高校時代の友人が当時28歳のころに結婚することが決まった時で、結婚披露宴で友人を代表して挨拶をして欲しいと頼まれました。
私は元々人前での挨拶など苦手で、特に結婚式やお葬式などの多くの人が集まる場所での挨拶は緊張してしまい、頭が真っ白になって話すことを忘れてしまうタイプでありました。
しかしその友人には自分が結婚した時に友人代表で挨拶をしてもらった手前、断ることが出来ませんでした。
私は何度も祝辞の挨拶の練習を行いましたが、本番で上手く話せる自信がありませんでした。
そこで私は紙に挨拶文を書き、その書いたメモを見て祝辞を述べることにしました。
そして本番では挨拶をするため集まった人の前に出ただけで足がガクガクと震えているのがわかりましたが、メモを見てなんとか無難に挨拶することが出来ました。
今思い出しても挨拶文を紙に書いていて本当に良かったです。

緊急連絡先の件なら一人で悩まずに代行サービスを活用しましょう
私たちにご依頼いただければ、難しい入居手続や入院手続も安心です

Webによる集客を代行してくれる会社
Webページによる集客をしやすいよう、ウィンザー効果などを活用した集客をしています。

作業の効率の切り札!機上測定ならBlum-Novotestへ
加工業務において大切な作業を短縮できるようスピードのある測定を実現しています